備えておけば安心〜耐震補強などでしっかり備えよう〜

もしもの災害に備え暮らしを守る必需品

解体工事の概要

解体工事にかかる金額と傾向

解体工事は環境的な面もあって自由に行ってはならず必要な書類の提出等もあり、安全性も考えれば必然的に専門となる業者に頼むといった形を取るのが一般的でもあります。 それらにかかる金額は平均として木造家屋では三万円前後であり鉄骨等になると四万円弱ですが、混合的な物の場合は五万円弱と言った物が全国的に見ても普通の様です。 ただし地域によってこれらの解体工事にかかる値段はバラつきが出るというのも見ておく必要もあり、以外にも都会から離れるほど安くなると言った価格設定も多くなっています。 これの理由としてはやはり隣接する住宅や建物の距離が近すぎると言った問題もある様で、それによって技術的なものから養生といった面でどうしても都心等は価格が跳ね上がるのは避けられない様です。

廃材にも価値が認められ始める

それまでの解体工事にも利用できる物は利用すると言った考え方はあったのですが、より具体的になり法整備が進んだのは近代になってからとも言えます。 またそれ以前の解体工事には更に建築資材の有害性等も良く分かっていない時期もあって、それらに関する扱いも雑であった一面も見受けられたのも事実です。 それらに関しては既に対策案や一定のルールが敷かれた現在においてはこの面はクリアされていますが、だからこそ解体工事が出来る業者の存在といった物がより重視されてきてもいます。 またこれらの工事には作業員への物理的な危険性も少なからず含んでいる事もあって、そう言った安全性に関しても現在では厳しく管理するといった義務化も進んでいるのです。